せんだい探偵小説お茶会

Sendai Reading-Party of Mystery

17th event

第17回 せんだい探偵小説お茶会主催

ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎(秘密)』読書会

せんだい探偵小説お茶会では、2月22日(日)に第17回読書会を開催します。今回の課題本はガストン・ルルーの「黄色い部屋の謎(秘密)」です。

今回は翻訳ミステリーが課題本となります。

参加条件などは全くございませんので、少しでも興味がございましたら、気軽にご参加いただけると嬉しいです。

黄色い部屋の謎

去年のせんだい探偵小説お茶会では「色」をテーマに課題図書を選んでいましたが、一身上の都合?により開催が見送られた本作品を新年の翻訳物の1発目に持ってきました。

それでは、ホストからの紹介です。

——————————————————————————–

せんだい探偵小説お茶会の、二月の読書会で取り上げる作品は、ガストン・ルルーが遺した、ミステリー史に燦然と輝く作品である「黄色い部屋の謎(秘密)」です。

海外のミステリ作品、または「密室もの」を対象としたランキングにおいても、軒並み上位にランクインし、以後誕生する作家にも影響を与えたこの作品は、およ そ百年前に刊行されたこともあり、現代においては、古色蒼然とした印象は拭えないものの、一方で、読者を作品世界に引き込み、時間という概念 を忘れされる魅力・魔力を、今なお内包している作品のように、思えます。

「黄色い部屋」には、続編にあたる「黒衣婦人の香り」という作品があるのですが、現在、出版社さんの方で絶版である事情を踏まえ、今回の読書会では、「黄色い部屋」のみを取り上げることにしました。

ただし、エドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人事件」と、コナン・ドイルの「まだらの紐」の内容について言及されている箇所があるため、未読の方は、先に、このニ作に目を通すことを、強くお勧めします。

他の版でも問題はありません(多分、大丈夫のはず)。

みなさまの来仙を、心よりお待ちしております。

——————————————————————————–

■日程:2015年2月22日 15時30分~17時30分(途中退室可)

■会場:青葉区中央市民センター 第3会議室
(仙台市青葉区一番町2丁目1-4)

■参加費:一般 500円、学生 無料(会場費、諸経費等)

■持物:ガストン・ルルー「黄色い部屋の謎(秘密)」(特に出版社の指定はありません。)

※各自で必要に応じて飲み物をご持参ください。(会場内に飲み物の準備はございません)

■申し込み:氏名・連絡先を明記のうえ、sendai.mystery@gmail.comまでご連絡いただくか、Twitterにて@sendaimysteryまでリプライまたはDMを送ってください。

※携帯メールは受信できない場合があるようです。主催者側から返信の無い場合は、お手数ですがPCメールで再度ご連絡ください。

これまでの読書会でも、様々な年代・性別の方にご参加いただいております。ぜひ気軽にご参加ください。

また読書会終了後には懇親会を予定しておりますので、お時間のご都合がつく方は、こちらにもぜひご参加頂ければと思います。


Comments are closed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です