せんだい探偵小説お茶会

Sendai Reading-Party of Mystery

17th Report

第17回 せんだい探偵小説お茶会主催

(翻訳ミステリー大賞シンジケート後援)

ガストン・ルルー「黄色い部屋の謎(秘密)」読書会レポート

執筆者:暮尾

せんだい探偵小説お茶会は、2月22日 に、第17回となる読書会を開催しました。

対 象書籍には、約百年前のフランスの新聞上で連載、刊行され、今も多くのミステリ読者、特に密室マニアには必読とも思えるガストン・ルルー の「黄色い部屋の 謎(秘密)」を選定、お菓子の時間を三十分ほど過ぎた頃に、世話人のM氏の一声で、始まりました(以降、ネタを割っている箇所が一部ある ため、「黄色い部 屋」未読の方は、ご注意ください)。

自 己紹介を済ませる一同。「黄色い部屋」の続編にあたる「黒衣婦人の香り」は、出版社さんで取り扱われていないことを理由に、今回は課題書 籍から除外してい たのですが、事前に読んでこられた方が多く、また、インターネットを通じて購入を計画している方もいらっしゃり、参加者の、ミステリへの 情熱を感じまし た。
ホストを務めたわたし、M氏、福島から参 加され、三年前の東西ミステリーベスト100海外編で、「黄色い部屋」を一位に投票されたS氏が持参したお菓子の紹介も終わり、読書会の 本題となる、自由に感想を伝えていただく時間へ。
初めて読んだ大人向けミステリ、海外作品 という思い出深い声もあれば、読了まで時間を費やした、内容が頭に入ってこなかったという声も。かくいうホストの自分も、初読時は、すん なり進まなかったというのが、正直なところです。
し かしながら、新訳という新たなかたちで、他作家の作品が、世に受け継がれようとされる昨今、「黄色い部屋」の文体は、冗長さは否めないも のの、ルールタ ビーユの持ち出す事実、断定的な台詞、傍点、言い回しといった要素は、再読時には、異なる輝きを放ち、文体のリズムに慣れると、より味わ い深く感じられる ことと思います。
「黄 色い部屋」が翻訳ものであり、また約一世紀前のフランスの小説であるという二点を考慮しない場合、ホストの私見としては、この作品で綴ら れる文章そのもの は、現代の視点で見つめてみると、初読よりも、むしろ再読向きに書かれているように感じてなりません(創元推理文庫版を参考としていま す)。

内容については、物語全体としてのおもし ろさや、その中でも皆さんが印象に残ったシーンを、各自発言され、わたしを含む参加者の、まさに十人十色の感想・批評を聞くことができ、 ホストとしては、まことに楽しく、大いに参考となり、感謝しております。
三つの事件について話が及ぶと、第二の事 件が、三つの中では好きと答えた方が多く、また個人的に、最も関心を寄せていた、 黄色い部屋で起きた密室の解明については、概ね好意的な意見をいただいた反面、スタンガースン嬢の首に残った手形の隠し方や、第二の事件 において、二秒間 で果たして可能なのか等の、現実に即した細部の疑問点について議論がされる中、最終的には、<ラルサンだから>という犯人の万能性を結論 とした後、参加者 の方には、開会後に急遽告知した、「好きである、印象に残っている密室もの」を、各々あげていただきました。この場では、一部抜粋して、 ご紹介したいと思 います。

・エラリー・クイーン「チャイナ橙の謎」
・大阪圭吉「灯台鬼」
・クリスチアナ・ブランド「ジェミニー・ クリケット事件」
・ヴァン・ダイン「カナリヤ殺人事件」
・カーター・ディクスン「ユダの窓」、 ジョン・ディクスン・カー「三つの棺」、「妖魔の森の家」、「白い僧院の殺人」
・島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
・泡坂妻夫「ホロボの神」
・デレック・スミス「悪魔を呼び起こせ」
・ジョン・スラデック「見えないグリー ン」
・横溝正史「本陣殺人事件」
・ロナルド・A・ノックス「密室の行者」

最後に、黄という色には込められた意味が あると仮定した上で、ホストなりの考察を発表させていただきました。
意 味の有無は、作者であるガストン・ルルーのみぞ知るというのは先刻承知、サフランという花、サフラン色についての説明から、黄色の心理効 果、参考文献と なった福田邦夫「ミステリーと色彩」の内容をもとに披露したものの、ルールタビーユのような弁舌とはいかず、脆弱な論理であることを、わ たし自身、発言し ながら感じていましたが(笑)、読書会の余興として、参加者の皆さんの心に、少しでも留まれば幸い、というところであります。

最後まで目を通していただき、ありがとう ございました。

———————————————————–

ホストによる「黄色」に対する独自の見解に参加者から感嘆の声があがる中、読書会は幕を閉じ、懇親会へと流れていきました。
懇親会の中でもみなさんのミステリー談義は尽きることを知らず、気づけば帰りの電車の時間が迫っている、というのも既に当読書会の恒例となってしまいました。

さて、月替わりで、国内ミステリーと翻訳ミステリーを交互に課題本に掲げている当読書会。
次回は、皆川博子『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―』を4月19日に予定しています。
詳細は近日HPにて公開予定です。


Comments are closed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です