せんだい探偵小説お茶会

Sendai Reading-Party of Mystery

36th event

第36回 せんだい探偵小説お茶会主催

高木彬光『刺青殺人事件』読書会

せんだい探偵小説お茶会では、12月16日(土)に第36回読書会を開催します。今回の課題本は高木彬光『刺青殺人事件』です。

今回は国内ミステリーが課題本となります。

参加条件などは全くございませんので、少しでも興味がございましたら、気軽にご参加いただけると嬉しいです。

それでは、今回のホストからの紹介文をどうぞ。

——————————————————————————–

『刺青殺人事件』は著者高木彬光のデビュー作であり、名探偵神津恭介が初めて登場する作品でもあります。
舞台は終戦1年後、昭和21年の東京。29歳の松下研三はある女と出会う。それから…どんな事件が起こるかは読んで確かめてください!
妖しい刺青の美に彩られた謎に若き天才神津恭介が挑みます。
本格が好き、名探偵が好き、密室ってきくとワクワクする!という方におすすめです。

ホストの筆では伝えきれませんが、神津恭介はとても個性的で魅力的なキャラクターです。神津恭介と出合ってから人生が3倍楽しくなりました。
未読の方はぜひ『刺青殺人事件』を読んで神津恭介と出会ってみてください。もちろん既読の方も神津大好きな同志の方も歓迎です。
——————————————————————————–

■日程 :2017年12月16日(土) 15時30分~17時30分(途中退室可)

■会場:泉区中央市民センター 和室(2)
(〒981-3117 泉区市名坂字東裏53番地の1)

■参加費:一般 500円、学生 無料(会場費、諸経費等)

■持物:高木彬光『刺青殺人事件』(光文社文庫他)
※各自で必要に応じて飲み物をご持参ください。(会場内に飲み物準備はございません)

■申し込み :氏名・連絡先を明記のうえ、 sendai.mystery@gmail.com までご連絡ください。
※参加申し込み頂きました方へは、主催者側から受付完了のお知らせメールを返信いたします。定員は15名とさせていただいていますので、満席となりましたら参加募集を締め切らせていただきます。

これまでの読書会でも、様々な年代・性別の方にご参加いただいております。ぜひ気軽にご参加ください。また読書会終了後には懇親会を予定しておりますので、お時間のご都合がつく方は、こちらにもぜひご参加頂ければと思います。


Comments are closed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です