せんだい探偵小説お茶会

Sendai Reading-Party of Mystery

38th event

第38回 せんだい探偵小説お茶会主催

白井智之『少女を殺す100の方法』食事会&温泉宿読書会

せんだい探偵小説お茶会では、3月31日(土)~4月1日(日)に第38回読書会を開催します。今回の課題本は白井智之『少女を殺す100の方法』です。

まずはホストからの紹介文をどうぞ。


 

2018年に入り、厳しい寒さが続いております。かじかむ心と身体に、せんだい探偵小説お茶会から朗報です!

当お茶会の創設者であり、このHPを覗いていらっしゃる方にはおなじみ・ミステリ作家の白井智之さんの新作を課題書に、食事会と温泉お泊まり読書会の開催が決定しました!!

課題書は1月に上梓された『少女を殺す100の方法』!!!
な、なんと! 合計100人の少女が死に至る短編集!!!!
感嘆符がうるさいのはご勘弁を。

本書は『少女教室』『少女ミキサー』『「少女」殺人事件』『少女ビデオ 公開版』『少女が町に降ってくる』の5短編から成り立っております。物語は冒頭からスプラッタームービーさながらの描写ではじまりますが、ページを繰るごと、そして一編読み終えるごとに、加速度的に本の世界へと誘われていき、中毒に陥るように、止められなくなることでしょう。

本格、クライムサスペンス、バイオレンス、ホラー、SF、純文学!
あらゆるジャンルの要素が網羅され、化学反応を起こした本書を、ぜひ手に取ってみてください。

ホストが個人的に『少女を殺す100の方法』を音楽に例えてみると、シューケーザーの名作、マイブラッティーヴァレンタインの「ラブレス」という美しさと驚きに満ちたアルバムを思い浮かべました。
ホストの戯言が気になった方は、是非アルバムも聴いてみてください。

当日はスペシャルゲストも顔を出すかも……?
皆さまのご応募をお待ちしております。


 

第一部
2018年3月31日(土)12:00~14:00 食事会(食事をしながらミステリについて語り合いましょう)
場所:仙台駅至近の某店舗
予算:ランチ代 1000円ぐらい
定員:先着15名

第二部
2018年3月31日(土)15:30~ 温泉宿読書会(『少女を殺す100の方法』読書会、カルタ大会、ゲーム大会等)
施設名: 秋保温泉某宿泊施設
持物 :白井智之 『少女を殺す100の方法』(光文社)
予算:宿泊代10000円ぐらい他、交通費や翌日の食事代等
定員:先着12名

■申し込み方法 :氏名・連絡先を明記のうえ、 sendai.mystery@gmail.com までご連絡ください。
応募の際に、食事会のみ参加か、温泉読書会のみ参加、 両方参加のいずれかをご連絡いただければと思います。参加者の方には、後日、場所の詳細をおしらせします。

不明点は上記のメールアドレスよりご連絡ください。
ご参加お待ちしております!

 


Comments are closed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です